【ド定番】DW-5600シリーズについて解説|おすすめやスピードモデルについて

【ド定番】DW-5600シリーズについて解説|おすすめやスピードモデルについて アイキャッチ画像

G-SHOCKのスピードモデルについて、誰しも1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

スピードモデルと呼ばれる5600シリーズは、G-SHOCKの中でもシンプルなデザインで多くのユーザーに愛されています。

G-SHOCKといえば、あのスピードモデル!」と思い浮かべる人もいるでしょう。

今回、紹介するスピードモデル(5600系)の系譜を知ると、今でも人気を集め続けている理由がわかりますよ。

最近G-SHOCKファンになった方や、スピードモデルについてあまり詳しくない方にも、わかりやすく解説していきます!

G-SHOCK スピードモデルとは

G-SHOCKのスピードモデルとは、ファンの間で親しまれている愛称です。

つまりスピードモデルは、G-SHOCKのDW-5600を指してます。

では、なぜスピードモデルと呼ばれているのかと言うと、1994年公開の大ヒット映画「スピード」から由来しています。

主演のキアヌ・リーブスが身につけていた時計こそ、G-SHOCKのDW-5600ウォッチだったのです。

以降、「スピードモデル」と呼ばれる5600シリーズは、究極のタフさを目指した初代の形を引き継ぎ、今なお高い人気を誇ります。

スピードモデル(5600系)の特徴と違い

G-SHOCKの伝統的なスクエアデザインを継承するモデルには、「5000系」と「5600系」という2つのシリーズが代表的です。

ラインナップ上、どちらもORIGINシリーズに位置付けし、見た目も一目で区別するのが難しいほど似ていますよね。

実際に「5000系」と「5600系」の製品を語る上で、それぞれにいくつか違いがあるので、見ていきましょう。

5000系の特徴
・主に日本製(例外もアリ)
高級機種に多い
スクリューバック(裏蓋自体をねじって締める)
5600系の特徴
主に海外製(例外もアリ)
普及機種に多い
パネルバック(裏蓋を4点のネジで留めている)

つまり、5000系は高級路線

5600系は普及版であり、軽くて価格もリーズナブルな製品が多い点が特徴です。

特に、スピードモデル(5600系)は、コンパクトで腕になじみやすいのもポイント高いですね。

スピードモデル(5600系)の歴代モデル7選

G-SHOCKのスピードモデルのラインナップを、歴代順に紹介します。

時代ごとにパワーアップし、現代のニーズにマッチした機能を備えていますよ。

1987年発売 初代 DW-5600

① DW-5600C-1

https://www.casio.com/jp/watches/gshock/support.DW-5600C-1/

生産終了

スピードモデルの初号機となるモデルが、DW-5600C-1です。

DW-5000Cのケースデザインを引き継ぎ、さらなる進化型として発売されました。

キアヌ・リーブス氏が身に着けていたのは、海外市場向けのDW-5600C-1Vですが、こちらと同型です。

初期の角型デザインを継承したフォルムは、いつまでもG-SHOCKの基本として存在し続けていますね。

発売から9年間も愛され続けたロングセラー製品は、スピードモデルの元祖として誇り高い存在です。

1996年発売 第2世代 DW-5600

② DW-5600E-1

https://www.casio.com/jp/watches/gshock/product.DW-5600E-1/

¥12,100(税込)

DW-5600Eは、現行品としても販売が続く、ロングセラーウォッチとなります。

ELバックライトを搭載し、暗所での視認性を確保するアクティブウォッチとしての地位を確立。

ELバックライトとは、交流電流で発光するエレクトロルミネッサンス(EL)素子を用いて、文字盤を明るくします。

現在も非常に人気の高いモデルで、多くのG-SHOCKファンから愛されている1本です。

created by Rinker
Casio(カシオimport)
¥7,980 (2022/11/27 02:15:56時点 Amazon調べ-詳細)

2002年発売 第3世代 G-5600

③ G-5600-1JF

https://www.casio.com/jp/watches/gshock/support.G-5600-1/

生産終了

DW-5600シリーズに、タフソーラーを初搭載したモデルです。

ファイバー入り強化樹脂ケースに、金属補強板をインサートした新設計により、強度もパワーアップ。

さらに、低消費電流技術によりソーラーパネルが小型化。

本体サイズをそのままに、液晶画面サイズの確保が実現しました。

2005年発売 第4世代 GW-5600J

④ GW-5600J-1

https://www.casio.com/jp/watches/gshock/support.GW-5600J-1/

生産終了

タフソーラーに電波時計としての機能を追加した進化型モデルが誕生しました。

電波受信機能により、標準電波を受信することで、正確な時刻表示を実現。

ちなみに、標準電波は送信局によって周波数が異なるので、非対応の国や地域ではクォーツ時計として駆動する仕様となっています。

2008年発売 第5世代 GW-M5600

⑤ GW-M5600-1

https://www.casio.com/jp/watches/gshock/support.GW-M5600-1/

生産終了

5600シリーズに、初のマルチバンド5を搭載したモデルとなります。

マルチバンド5とは、世界5つの標準電波局(日本2局、北米、欧州)での自動時刻修正に対応した機能です。

2012年発売 第6世代 DW-M5610

⑥ DW-M5610-1B

https://www.casio.com/jp/watches/gshock/product.GW-M5610-1B/

¥22,000(税込)

マルチバンド6を搭載し、さらなる進化を遂げたハイスペックモデルが登場。

「5610」の型番表記となりますが、5600を継承するコレクションに並びます。

マルチバンド6とは、世界6つの標準電波局(日本2局、北米、欧州、中国)での自動時刻修正に対応した機能。

ファーストモデルDW-5000を受け継ぎつつ、全体的にモノトーンカラーに仕上げたクールで洗練された1本です。

2018年発売 第7世代 GW-B5600

⑦ GW-B5600-2JF

https://www.casio.com/jp/watches/gshock/product.GW-B5600-2/

¥23,100(税込)

GW-B5600は、Bluetooth搭載型の最新機種モデルです。

スマートフォンリンクによって、設定機能がさらに充実。

スマホ上での時刻修正やワールドタイム機能の都市設定が可能となっています。

安定的な駆動のタフソーラー、高輝度なフルオートLEDバックライト、世界6局の標準電波に対応するマルチバンド6など豊富に搭載。

5600シリーズの歴史と、最新テクノロジーが詰め込まれた1本です。

created by Rinker
CASIO(カシオ)
¥13,500 (2022/11/27 02:15:57時点 Amazon調べ-詳細)

進化を続ける、G-SHOCKのスピードモデル

まさに、G-SHOCKを語るうえで外せない存在といえる5600系、スピードモデル。

1987年のDW-5600初代誕生から、徐々に機能がパワーアップしていく過程を辿ることで、G-SHOCKのあくなき情熱を強く感じますね。

デザインやフォルムはそのままに受け継がれていく良さが、まさに最大の魅力でしょう。

G-SHOCK好きなら、1本は所有しておきたい5600系スピードモデル。

まずは、5600シリーズの現行モデルから手に取ってみてはいかがでしょうか。

1分で完了!
無料査定を申し込む